スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009現地シンポジウム/和歌山県高野町を訪問記事をHPにアップしました

 去る8月22,23日に現地シンポジウムとして、和歌山県高野町を訪問しました。
 816年に弘法大師空海が、真言密教の総本山として、開基し、その後1200年にわたり、人々の信仰を集めてきた「高野山」の存在は、あまりにも大きなものがあります。
 2004年9月に町長に当選した後藤太栄氏は、元飯田市の産経部長だった、高橋寛治氏を副町長に招聘し、そのイニシアティブのもとに、町では真言宗総本山の歴史・伝統を活かしながら、近代化を果たしていく試みを実践中です。
 このたび、その訪問記録をホームページに掲載しました。
 宗教観光都市から、宗教環境都市へと目標を鮮明にし、山上で車があふれる交通問題、来山者が年々減少を続ける問題、など課題がある中、「高野山の原風景と規範を再生する」ことをめざし、車との距離を置く施策、周辺集落の活性化など、時間をかけて変革を遂げていく過程にあります。
 このたび、シンポジウムの概略をホームページにアップしました。
 ホームページ http://www.npo-rdi.com/frame.htm
の中ほど「09年度現地シンポジウム 和歌山県高野町を訪問」から入って下さい。
(TK)
スポンサーサイト

theme : 地域遺伝子
genre : 地域情報

tag : 高野山 真言密教 弘法大師 空海 宗教環境都市 車との距離

プロフィール

地域デザイン研究会

Author:地域デザイン研究会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。