スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まちを視る分科会ならまちフィールドワークを実施」の記事アップ

本年5月16日に行った、まちを視る分科会による「ならまちフィールドワーク」の記事をウェブページにアップしました。
ホームページ
http://www.npo-rdi.com/frame.htm
の「最近の活動から」の項目からリンクしています。
 これだけ、人々を引きつけるまちになっているのは、8世紀平城京の外京として造営された建物の一つ、元興寺とその界隈で、営々と築いてきた町並みの資産が豊富なことと、1976年、地域住民や都市プランナーなどで、「奈良地域社会研究会」を発足させ、以来、歴史遺産を保全・再生して未来に継承するという事業を積み上げてきたことによると思われます。
(参考1:「奈良町の暮らしと福祉-市民主体のまちづくり-」(居住福祉ブックレット9)黒田睦子著、東信堂、2006.6.30)
(参考2:(社)ならまちづくりセンターホームページ http://www4.kcn.ne.jp/~nmc/
スポンサーサイト

theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

tag : ならまち、ならまちづくりセンター 地域遺伝子

北河内の地域遺伝子を活用したまちづくりワークショップ

 地域デザイン研究会では、2008年度において、(社)近畿建設協会の支援を得て、「北河内地域遺伝子を活用したまちづくりの試み」の調査を実施しています。今年度は、枚方市を中心に調査を行っています。
 川、平地、山地などの自然条件、集落の営み、集落間をつなぐ道、神社仏閣、土地に伝わる祭り、芸能、もの作り、戦争などの時代背景による影響、近年の開発、交通網の変遷、などなどから、地域に伝わる遺伝子を読み取り、それを、次のまちづくり/地域計画に活かそうという試みです。

 下記により、今までの調査経過に基づきワークショップを開催します。
 参加ご希望の方は、地域デザイン研究会まで、メールにてお申し込み下さい。
(地域デザイン研究会: office@npo-rdi.com

  1. 日時:2月21日(土)13:30~16:00
  2. 場所:メセナひらかた 研修室
    枚方市新町2丁目1番5号 電話:072-843-5551(代)
    (京阪枚方市駅北口より北へ府道京都守口線に出て京都方面へ約200m)
  3. 内容:現在までの調査経過報告と討論
  4. 主催:NPO法人地域デザイン研究会
    協力:枚方

theme : 大阪
genre : 地域情報

tag : 北河内 枚方 地域遺伝子 まちづくり

鳥羽伏見の戦いと楠葉

南楠葉の段倉

 北河内地域遺伝子調査の一環で、各地の古老に聞こうということで、枚方楠葉のOさんに話を伺いました。
 話は多岐にわたり大変興味深いものがありました。その報告はいずれさせていただくとして、Oさんからお借りした資料の一部を紹介します。
 それは、「くずは公民館だより連載記事『くずは昔語り』」の中の1990年9月1日号で、題して「鳥羽・伏見の戦いのとき」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 そうですな。
 もう60年も前のことでしたなあ。私が小学校4年生のときでした。
 隣のオバアチャン、長生きで、90才ぐらいでしたかな。
 どんなことから、そんな話になったのか、全然覚えていませんけど、時々昔あったことを話してくれはりました。
 その中で、この話は、今でも覚えていますわ。
 それは、鳥羽伏見の戦いで、幕府の軍が負けた時のことだったそうです。
 時代祭で見たはるような服を着た人や、はち巻きをした人が、血みどろになって、村の中を大阪の方へフラフラになりながら歩いていかはったそうです。
 モッコというて、縄であんだ籠(コモ?)に、首がのせられて、人足の人がかついで行かはったそうです。
 わたしらは、恐いので倉の中でじっとしていましたが、時々窓からそっとのぞいてみてみました。
 それはそれは、恐ろしいでした。
 その時、町楠葉は火をつけられて、全部焼かれてしまったそうです。
 南村(今の南楠葉)では、それを知った「奈良はん」というおじいさんが、「こらえらいこっちゃ、うちらも焼かれるぞ」と思案の末、四斗樽(酒)を出して、逃げてくる兵隊さんに飲まさはったそうです。
 うちらは、おかげで焼けずにすんだそうです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
時代に翻弄されてきた枚方ですが、したたかに生きる村の人の意気込みがうかがえると思います。

写真は、南楠葉にある段倉水害に備えて、高い石積みの上に建てられています。
(TKAM)

theme : 関西地域情報(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)
genre : 地域情報

tag : 鳥羽伏見の戦い 枚方 楠葉 水害 段倉 地域遺伝子

枚方宿

願生坊(順興寺)
 地域デザイン研究会で始めた「地域遺伝子を活用したまちづくり」の手始めに、枚方宿とその周辺、及び百済寺跡公園に行ってきました。暑い盛りの7月17日。
 写真は、倉ノ谷願生坊です。文献(「ひらかた散歩」 編集上田義三 枚方新聞社 昭和54年6月1日)によりますと、
--蓮如の子実従が永禄2年(1559年)に開基、枚方での一向宗の本拠地であった。石山本願寺の系統で周辺は寺内町を形成していた。永禄11年(1568年)織田信長は京に入り、天下統一の布告を出した。石山本願寺はこれを拒否、順興寺もそれに呼応している。元亀元年(1570年)織田信長の大軍が来襲し、順興寺の伽藍を焼き尽くした。宗門の掟はきびしいが、実従の子顕従は、決死の信徒を説得し降伏の道を選んだ。以後信長により、石山本願寺攻めに組み入れられるが、顕従たちは、鉄砲に弾を込めず、矢はやじりを抜き、刀槍は刀をつぶして従軍し、一人の本願寺勢をも傷つけなかった。--
 とされています。
 現在の願生坊は、この地に再建されたものです。  TKAM

theme : 大阪
genre : 地域情報

プロフィール

地域デザイン研究会

Author:地域デザイン研究会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。