スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食糧問題

日経ビジネスオンラインで、
「減反政策は機能不全、コメを解放せよ!
食料危機は最大の好機――今こそ作れ、儲かる農業」という記事がありました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20080707/164648/
--食糧危機が叫ばれる中、何故減反政策が続けられてきたのか。それは、米の価格維持のためであった。転作奨励金などに、使っていた予算が、1476億円。もし減反政策をやめた場合、増産によって、価格が下がった分の80%を主業農家に補填すれば、その額はおよそ1500億円と試算している。生産調整のための予算とあまり変わらない。価格が下がれば、その分需要も拡大する。--

 食糧危機が叫ばれ、日本においても、食糧自給率が39%まで落ちている現状で、米の生産調整にお金をかけるぐらいなら、そのお金で増産を促し、もし余れば、政府が買い上げて、飢餓に苦しむ国にODAで支援すればいいと思います。そうはいかない理由がいろいろあるのでしょうか。TKAM
スポンサーサイト

theme : 環境・資源・エネルギー
genre : 政治・経済

プロフィール

地域デザイン研究会

Author:地域デザイン研究会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。