スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の大学3年生から、学力が急低下

「京大工学生はゆとり世代から学力低下」という記事が、NBOnlineにありました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20080825/168719/
「京都大学・大嶌幸一郎工学部長に聞く」ということで、
○自分の授業では従来1割程度が単位を落としていました。ところが、現在の3年生から急に4割ほどの学生が単位を落とすようになりました。有機化学の授業で工学生にとって特別に難しいことを教えているわけではありません。2つの薬品を混ぜ合わせたらどうなるかといったことです。同じように授業をし、同じように試験をしていたのに、明らかに従来と違っている。
○思い当たる理由は「ゆとり教育」。2006年度に入学した学生は、ゆとり教育が本格導入された第1世代。
とのこと。

 ここでいう意味は、ゆとり教育が高校生については、2003年時点の第1学年から適用され、1987年4月2日生まれの人からを第1ゆとり教育世代と呼ぶらしい。丁度いま、大学の3年生になっています。

 こういう現状があるにせよ、今の大学3年生といえば、20才になっているわけだから、教えて「くれなかった」とか、言っている場合ではない。自分はどういう方面に進みたいか、何をやりたいか、を真剣に考え、それを調べるために、勉強し、調査し、やってみるなどして、早く気づかないといけない。

 しかし本当は、大学に進むまでに、進路を決めるべきです。「この程度だから、この大学に」というような判断ではなく、自分はこれをやりたい、ということに気付く必要があります。ゆとり教育も悪くはないと思いますが、高校の生徒に、自分の進路を真剣に考えさせる、そのために勉強させるということが、必要だと思います。  TKAM
スポンサーサイト

theme : 教育問題について考える
genre : 学校・教育

tag : ゆとり教育 学力低下 技術者 進路 やりたいこと 気づき

橋下知事の「関西州」構想が始動?

 大阪府の橋下徹知事が22日に、「大阪ワールドトレードセンタービルディング」(WTC)を視察し、 「大阪再生の光が見えた。もう決まり。ここで関西を見渡して物事を考えれば素晴らしい行政施策が出てくる」 と発言。府庁の主要部分をWTCに移転することを、次期議会に提案すると思われます。
asahi.com
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200808220087.html
 おいおい、ちょっと待てよ言いたいところですが、感じたことを書いてみます。あくまで私的な考えですが。
1.現状の府庁の立地条件に比べて、WTCはあまりに悪すぎるのではないでしょうか。
現大阪府庁は、○国の出先機関が周辺に立地している。○府庁に関連するビジネスやが周辺に立地。○大阪のシンボル大坂城の前。と好条件にあるのに対し、WTCは、まちとして熟成していませんし、交通も至便とは言えません。
2.関西州として考えるということですが、大阪だけでかってに「ここだ」と言っても、他の府県は逆に乗りにくくなるのではないかと思います。
3.関西州都として、かってに考えるなら、○京滋バイパス、第二京阪交点の久御山ジャンクション付近○大山崎・淀附近 ○伊丹空港(大阪国際空港)駐車場の2~3層利用 ○そして4番目にWTC。など複数の候補地で議論されるのがいいと思います。
その前に、中身として、「地域主権道州制」(注)に導くためにはどうするか、その議論が必要ですが。 TKAM
(注)「地域主権道州制」 PHP新書 江口克彦

theme : 関西地域情報(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)
genre : 地域情報

tag : WTC 橋下知事 府庁移転 道州制 地域主権

徳島市の再開発

asahi.comに、次の記事がありました。
http://mytown.asahi.com/tokushima/news.php?k_id=37000000808050002
徳島市が進める新町西地区再開発事業に関する都市計画案について、飯泉知事は4日、同意できない、と原秀樹市長に回答した。市はこの日、知事の同意を得るため県に協議書を提出したが、飯泉知事は「市からの十分な説明がなされていない」として認めなかった。知事の同意がなければ都市計画決定はできず、市は事業の見直しを迫られることになる。」
その理由は、県が市に出した質問書で、県は財政難を理由に補助金支出を否定。事前協議の段階で、県の補助金なしでも事業を進められるか、鉄道高架事業に影響しないかの2点について、市に回答を求めていたが、その回答はなく、都市計画の合意申請に際して、県の補助金を前提にしていたことを挙げているとのこと。

 通常この程度の行政間のやりとりは、公文書になる前に、担当者間の調整で決着しているのが普通です。ここまでくるまでには、市での縦覧とか手続きがかなり進んでいると思います。
 表だって対立するのは、最近では、滋賀県の「栗東新駅」ぐらいだと思います。

鉄道高架事業は、JR牟岐線の徳島駅から文化の森駅まで4.7kmを高架化しようとするもの。
http://www.city.tokushima.tokushima.jp/machidukuri/pdf/machidukuri01.pdf
また徳島新町西地区再開発事業は、
http://www.city.tokushima.tokushima.jp/bunka_sinko/gaiyo05.html
徳島駅から西南、新町川を越えた新町西地区など約1.4haを再開発しようとするもの。

 鉄道高架と再開発で活性化を図ろうとするるものですが、財政難で、地方政治の苦難が表れているような気がします。
  TKAM

theme : 徳島県
genre : 地域情報

tag : 徳島市 市街地再開発 都市計画 不同意 補助金 鉄道高架

滋賀県嘉田知事、生活環境主義

8/11毎日JPの記事に、「里海:守れ 人が手を入れ環境を維持、取り組み始まる」
http://mainichi.jp/select/science/news/20080811ddm016040012000c.html
という特殊記事がありました。
「21世紀環境立国戦略」で重点的に着手すべき施策とされ、環境省は今年度から里海創生支援に乗り出した。
というものです。
 注目したのは、「専門家に聞く」で、滋賀県嘉田知事がコメントを出しています。
「私と仲間が80年代に琵琶湖研究を始めたころ、下水道整備や物理化学的な方法で水をきれいにする近代技術主義と、ヨシ帯や希少種を守ろうという自然環境保全主義とが環境政策で対立していた。しかし、地元での調査を続け「第三の道がある」と感じた。それが、生活者の視点で環境とのかかわりを見る生活環境主義です。
 湖辺の農山漁村の人々の考えは自然保護論ではない。例えば、ヨシ帯は自然のまま放置するのでなく、刈り取って利用し、手を入れて維持されてきた。川もアユやビワマスが産卵しやすいよう、川底を耕していた。シジミかきは湖底を毎日掃除しているようなもので、結果的に酸素を供給している。自然に手を加えながら生産力を上げる仕組みがあった。」

 自然を放置するのでなく、また大きく改変してしまうのではなく、自然をうまくコントロールしながら、人間の生活に潤いをもたらす。こういう様式があるということです。
 昨年秋に現地シンポジウムで高島市に行きましたが、旧新旭町では、「川端」といって、豊富な湧き水を利用して、最初は顔を洗い、次の層で食器洗い、次に洗濯と、見事に生活の中に自然の水が活かされていました。
http://www.npo-rdi.com/siosai84/SymposiumInTakashimaCity.htm

琵琶湖は過剰土木でもってさわるべきでない、というのがいまではおおかたの識者の考え方になっている」(街道をゆく24・近江・奈良散布 司馬遼太郎) というように、豊かな琵琶湖を持った滋賀県では、自然とうまく共存して生活するというような考えたでないと、知事はつとまらないと思います。

道州制が議論されていますが、「関西州」となっても、滋賀県のような個性が十分に活かされるような仕組みになる必要があると思います。           TKAM

theme : 琵琶湖
genre : 地域情報

tag : 琵琶湖 環境 自然 嘉田知事 里海 高島市 川端 滋賀県 生活環境主義

大阪府庁舎をWTCへ?

大阪府橋下知事は、府庁本館の建て替え問題の対策として、府庁機能を大阪市の第三セクター「大阪ワールドトレードセンタービルディング」(WTC、大阪市住之江区)に移すことを検討していることが報道されました。
(毎日JP) http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080803k0000e010020000c.html
「庁舎整備問題は、議会での議論や平松市長との話し合いが必要で、移転案はあくまで選択肢の一つ」ということだそうです。
朝令暮改、君子豹変ですぐまた変わるかも知れませんが、少しばかり考えさせられます。
私などは、
○現在の立地条件の良さ。(国の出先機関が集中。鉄道が2本アクセスしていて府域からのアクセスが容易。谷町の旦那衆がまちづくりに尽力したといわれる谷町筋に位置してる。大阪の歴史的なシンボル大坂城に隣接する。)
○逆にWTCの立地条件の悪さ。周辺はまちとして熟成していない。
などから、とんでもない案だと思いますが、
一方で、現在、府県の役割は終わってきていて、ここへの移転は、
「関西州の州都として考えた場合、ちょうど関西の中心に位置する」として、道州制実現後の州都誘致も視野に移転を検討している」
(YOMIURI ONLINE) http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/h_osaka/ho80805a.htm?from=tokusyu
とういうことで、有力な案だとする意見もあります。
おりしも、地方から広域行政のあり方を提案して、地方分権改革の突破口を開くという目的で、関西広域連合設立について基本合意したことが報じられています。
(産経ニュース) http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080730/lcl0807301220001-n1.htm

なるほど、府県の役割が終わった、道州都をめざそうということなら、わかる気がします。
府の役割を縮小させたままで、道州制にはなかなか移行しないなら、ただ縮小しただけが長く続くことになりますが。

みなさんはどう思いますか?
TKAM

theme : 関西地域情報(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)
genre : 地域情報

tag : 大阪府 橋下知事 WTC 庁舎移転

神戸・都賀川での水難

 7月28日の都賀川での水難事故では、不幸にして5人の方が亡くなられました。
 都賀川は、水にふれることができる南北の交流歩行者道として整備されています。
http://www.city.kobe.jp/cityoffice/57/kinder/playguide/nada/togagawa/togagawa.html

 ニュースによると、川の中で遊んでいた児童生徒と大人たちは、雨が強くなってきたので、篠原橋の下で雨宿りしたとのこと。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200807290093.html

 また、ニュースによると、わずか10分で1.3mも水位が上昇したとのことです。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2008/07/29/02.html

 六甲山の麓から、海辺まで、直線的に整備された川。周辺は開発されていて、流出係数は大きく、川までの到達時間も短いので、豪雨があれば、短時間で増水することは十分に予想されることです。
 今回の事故では、川の水が堤防を越えて流れ出たものではありませんので、治水上問題があるわけではありませんが、そこを親水空間として一般にに開放している以上、このような危険が内在していることも十分周知しておく必要があると思います。
 今後、引き続き市民の憩いの場として、活用するためにも、危機管理体制を確立すべきと思います。兵庫県では、このような危険のある河川について、今年度内に、警報装置を設置するとのこと、適切な対応と思います。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008073000775

TKAM

theme : 関西地域情報(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)
genre : 地域情報

tag : 神戸 都賀川 水難事故 危機管理 親水空間

プロフィール

地域デザイン研究会

Author:地域デザイン研究会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。