スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松琴平電鉄を訪問

 地域デザイン研究会では、9月5日~6日、現地シンポジウムとして、高松琴平電気鉄道(株)と、高松市の丸亀町市街地再開発組合を訪問しました。
琴電瓦町駅

 琴平電鉄は、高松そごう店の破綻の影響等で、2001年に民事再生法の申請を行い、2002年に香川日産自動車前社長の真鍋康彦氏が社長に就任。以後「ことでん100計画」に基づき再建を行ってきました。
 交流会でお話を伺っていますと、次の点で大変な努力をされており、これが効果を発揮していることがわかりました

○中心市街地との連携
 プリペイドのICカードの読みとり端末装置を商店街などに設置し、さらに買い物をした際のポイントシステムも導入している。
○瓦町周辺まちづくり協議会との連携
 丸亀町から連続する瓦町周辺の商店街だが、どちらかというと寂れているのが現状。その再生のため、商店街、高松天満屋、琴電、若手店主、まちづくり団体、自治会、高松市で、まちづくり協議会を形成。その中で、お店情報の「瓦版」の発行、将来ビジョンの策定、など行っており、中心市街地活性化の基本計画に取り入られることも目指している。
○IruCaBOXの設置
 利用者からの意見、クレームは、積極的に受け付けている。その処理にあたって、瞬時にクレームの内容、対応方針などが社長まで見ることができるシステムを構築している。利用者からの意見で良いもの、対応できるものは即座に改善できるシステムが整っている。

 鉄道が通常ここまで、まちに出てきて積極的に連携を図るということは、自分で開発をやる場合以外はあまり知りません。
 琴電の試みは大いに参考になるところです。
 この現地シンポジウムに関しては丸亀町再開発も含めて、いずれレポートをとりまとめる予定です。
          TKAM
スポンサーサイト

theme : 香川
genre : 地域情報

tag : ことでん 再生計画 まちづくり協議会 IruCaカード 連携

旧草津川の利用

京都新聞ニュースで、
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008091500026&genre=A2&area=S00
旧草津川跡地の利用計画宙に 廃川から6年、市民ら「早く具体像を」
 天井川として滋賀県の草津市内を流れていた旧草津川跡地(全長約7キロ、約15ヘクタール)の利用計画が、廃川から6年たった現在、宙に浮いたままになっている。滋賀県などが整備基本計画を策定したが、財政難もあって当面は「塩漬け」の状態が続く見込み。市民や関係団体からは「早く具体的な利用方針を決めて」との声も上がり始めている。


 旧草津川は、文字通り天井川で、国道や鉄道の上を高架でまたいでいる川です。以前、国道の上にどんな道路が走っているのだろうと登って川であることを知りびっくりしたものです。
 国直轄で、草津川放水路を整備ししたため、旧草津川が不要になり、県が有償で譲り受けたもの。
既に跡地整備基本計画は決まっており、
http://www.city.kusatsu.shiga.jp/kakukapage/kikaku/hpdata/kusatsugawa/framepage2.htm
どうやら盛土を崩して、平地化が前提になっているようです。(違っていたらごめんなさい)
私なんかは、こんなめずらしい構造の川は、歴史資産として、そのまま残し、公園として整備すれば、緑豊かな帯状公園が出来、観光資源にもなると思いますが、どうなんでしょう。地元の方のご意見などうかがえたらありがたいと思います。 TKAM

theme : 環境・資源・エネルギー
genre : 政治・経済

tag : 旧草津川 歴史資産 天井川 公園 みどり 帯状 観光

プロフィール

地域デザイン研究会

Author:地域デザイン研究会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。