FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落雷による電車停止

 昨日、積乱雲発生による雷で、落雷による電車の運行停止がありました。
 たまたま、午後4時半頃北浜駅から枚方方面にむけて、京阪電車に乗ろうとしたとき、「守口付近落雷により、京阪線は全面的に運転を取りやめています。」とのこと。
 復旧のめどは?と聞いたところ、「まったくめどは立っていない」とのことで、困ってしまいました。
 2時間ぐらいなら、そこまで飲んで、回復を待ってそれに乗ることもできますが、「まったくわからない」では、プランのたてようがない。
 すでに、地下鉄→梅田→阪急→高槻→バス→枚方の代替え輸送ルートとして、話が付いていたようで、そのように、案内されました。
地下鉄北浜→梅田(16:40~16:50)
阪急梅田→高槻市(17:00~17:30)
ここでものすごい行列で、バスに乗るまでに30分かかりました。 当たり前ですが、電車とバスの輸送力の差を見せつけられました。
京阪バス高槻市→枚方市(18:00~19:30)
この間が異常に長く、この日だけのことなのか、日常なのか。
このころには京阪も開通していて
京阪枚方市→くずは(19:35~19:40)
合計丁度3時間かかりました。
利用者の視点から見た公共交通の課題(危機管理)といいうことで、感じたことを列挙します。

  • 落雷で簡単に止まるほど、システムは脆弱なのか。強化する必要があると思います。
  • 復旧のめどはやはり立ててほしい。2時間~3時間程度とか幅を持っても良い。
  • 振替輸送切符の配布など、乗客扱いは、異なる鉄道間でもスムースで、連携のマニュアルが徹底しているのだろうと思いました。
  • 途中で復旧状況を確かめようと、携帯から探しましたが、見つかりませんでした。もしあるのなら、振替切符にURLを書いておくべきだと思います。これも、全鉄道共通のサイトで、置くべきです。
  • バスの混み具合から考えても、環状方向の鉄道がもう1本ほしい。路面電車で、高槻-くずは-松井山手。夢物語か。

TKAM

スポンサーサイト

theme : 関西地域情報(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)
genre : 地域情報

tag : 落雷 電車運行停止 京阪 代替輸送 危機管理 LRT

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

地域デザイン研究会

Author:地域デザイン研究会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。