スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳島市の再開発

asahi.comに、次の記事がありました。
http://mytown.asahi.com/tokushima/news.php?k_id=37000000808050002
徳島市が進める新町西地区再開発事業に関する都市計画案について、飯泉知事は4日、同意できない、と原秀樹市長に回答した。市はこの日、知事の同意を得るため県に協議書を提出したが、飯泉知事は「市からの十分な説明がなされていない」として認めなかった。知事の同意がなければ都市計画決定はできず、市は事業の見直しを迫られることになる。」
その理由は、県が市に出した質問書で、県は財政難を理由に補助金支出を否定。事前協議の段階で、県の補助金なしでも事業を進められるか、鉄道高架事業に影響しないかの2点について、市に回答を求めていたが、その回答はなく、都市計画の合意申請に際して、県の補助金を前提にしていたことを挙げているとのこと。

 通常この程度の行政間のやりとりは、公文書になる前に、担当者間の調整で決着しているのが普通です。ここまでくるまでには、市での縦覧とか手続きがかなり進んでいると思います。
 表だって対立するのは、最近では、滋賀県の「栗東新駅」ぐらいだと思います。

鉄道高架事業は、JR牟岐線の徳島駅から文化の森駅まで4.7kmを高架化しようとするもの。
http://www.city.tokushima.tokushima.jp/machidukuri/pdf/machidukuri01.pdf
また徳島新町西地区再開発事業は、
http://www.city.tokushima.tokushima.jp/bunka_sinko/gaiyo05.html
徳島駅から西南、新町川を越えた新町西地区など約1.4haを再開発しようとするもの。

 鉄道高架と再開発で活性化を図ろうとするるものですが、財政難で、地方政治の苦難が表れているような気がします。
  TKAM
スポンサーサイト

theme : 徳島県
genre : 地域情報

tag : 徳島市 市街地再開発 都市計画 不同意 補助金 鉄道高架

comment

管理者にだけメッセージを送る

徳島県都市計画課長が自殺

毎日jpによると、
「自殺:県都市計画課長、自宅で 新町西再開発で県市協議を調整 /徳島」
http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20081021ddlk36040730000c.html
とのことである。
氏は、徳島市に出向していて、鉄道高架事業や、再開発事業を手がけていた。今年4月から県に戻り、県の立場で氏と調整にあたることとなった。
こんな悲劇が起こる前に、行政同士で折り合いがつかなかったものかと思います。
プロフィール

地域デザイン研究会

Author:地域デザイン研究会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。