スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧草津川の利用

京都新聞ニュースで、
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008091500026&genre=A2&area=S00
旧草津川跡地の利用計画宙に 廃川から6年、市民ら「早く具体像を」
 天井川として滋賀県の草津市内を流れていた旧草津川跡地(全長約7キロ、約15ヘクタール)の利用計画が、廃川から6年たった現在、宙に浮いたままになっている。滋賀県などが整備基本計画を策定したが、財政難もあって当面は「塩漬け」の状態が続く見込み。市民や関係団体からは「早く具体的な利用方針を決めて」との声も上がり始めている。


 旧草津川は、文字通り天井川で、国道や鉄道の上を高架でまたいでいる川です。以前、国道の上にどんな道路が走っているのだろうと登って川であることを知りびっくりしたものです。
 国直轄で、草津川放水路を整備ししたため、旧草津川が不要になり、県が有償で譲り受けたもの。
既に跡地整備基本計画は決まっており、
http://www.city.kusatsu.shiga.jp/kakukapage/kikaku/hpdata/kusatsugawa/framepage2.htm
どうやら盛土を崩して、平地化が前提になっているようです。(違っていたらごめんなさい)
私なんかは、こんなめずらしい構造の川は、歴史資産として、そのまま残し、公園として整備すれば、緑豊かな帯状公園が出来、観光資源にもなると思いますが、どうなんでしょう。地元の方のご意見などうかがえたらありがたいと思います。 TKAM
スポンサーサイト

theme : 環境・資源・エネルギー
genre : 政治・経済

tag : 旧草津川 歴史資産 天井川 公園 みどり 帯状 観光

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

地域デザイン研究会

Author:地域デザイン研究会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。