FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まちを視る分科会岸和田に行く-その2-五風荘

sCIMG1145.jpg
 まちを視る分科会(岸和田)で、見せていただいた施設の一つに、五風荘があります。見事な庭園と建物が一体的に調和して、日本の建築の粋を極めていると思いました。
 旧岸和田城主岡部氏の新御茶屋跡に、財閥の寺田家、寺田利吉が1929年から10年かけて造った別荘で、楠木正成のゆかりの地であることから、南木荘と名付けられていましたが、1950年に五風荘と改められました。五風の意味は、5日に一度風が吹き、10日に一度雨が降る良い季候という意味の「五風十雨」からとったそうです。
 1929年といえば世界大恐慌の年で、その時代でもこれだけのものを造営する財力があったということです。
 ある時、この敷地が、マンション業者に、売られそうになったそうで、岸和田市は、重要な文化資産として買収し、現在は市の施設になっています。一連の建物は、登録有形文化財に指定されています。手入れが大変行き届いていました。sCIMG1152.jpg

 ここで食事が出来たら最高だねといっていましたら、今でも、予約すれば出来るそうですが、現在指定管理者を募集し、選定中で、そうなれば、食事も出来るようになるそうです。そのため、2009年4月から、五風荘の施設改修及び管理方法の変更に伴い、当分の間、閉鎖されるとのことです。
 歴史的な文化資産が、現在にも活かされ、更に輝きを増すものと思われます。
スポンサーサイト

theme : 大阪
genre : 地域情報

tag : 岸和田 五風荘 文化遺産 登録有形文化財 観光 地域資源

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

地域デザイン研究会

Author:地域デザイン研究会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。