スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松市が市環境配慮型都市交通計画(素案)

少し古い情報になりますが、四国新聞のウェブサイトに、次の記事がありました。

------------------以下引用--------------------------------------
公共交通充実でエコを/高松市が都市計画素案
2009/02/11 09:53

 高松市エコ交通協議会(会長・梅原利之県観光協会長)の会合が10日開かれ、来年度末までの策定を目指す「市環境配慮型都市交通計画」(仮称)の素案が公表された。具体的な取り組みを検討すべきテーマとしては、バス路線の再編による公共交通の利便性向上、中心部でバスや自転車優先の道路空間を創出することなどを挙げ、実効性のある計画を目指す考えだ。

 同計画は、市全域で公共交通の利用を大幅に促進してマイカー依存型から転換する「エコ交通体系」の構築を図り、二酸化炭素を削減する狙い。協議会は昨夏に立ち上がり、市民へのアンケートを行って分析を進めるなど、高松の実情に応じた計画策定を目指して検討を進めている。

 素案では、エコ交通体系の構築に向けて具体的に取り組む施策として▽バス路線網の再編▽通勤特急バスの運行検討▽中央通りなど中心部の道路空間の再配分▽パークアンドライド駐車場の整備▽駐車場の料金対策―などを挙げた。

 公共交通の利便性アップと中心部へのマイカーの流入規制が大前提となるため、今後はLRT(次世代型路面電車)など新交通システムを検討する別の協議会とも連携し、施策の優先順位や計画に実効性を高めるための対策を詰める。
------------------------------引用おわり------------------------------------


高松市のサイトに行ってみると、
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/10526_L28_kyougikaisiryou.pdf
「都市計画素案」ではなく、交通計画(素案)でしたが、都市計画マスタープランで謳った、「過度に自動車に頼ることなく、すべての市民が安全で快適に移動できる、環境にやさしい、公共交通を基軸とした利便性の高い総合交通体系の構築を目指」し、施策計画を立てようとするもののようです。
市がはっきり、公共交通重視の政策を立て、具体的施策を打ち立てようとすることは、見習うべきことだと感じました。
大阪の各衛星都市でも、市が率先してこのような取り組みが、なされていけばいいと思います。
過度の自動車依存型交通を、公共交通に転換を図るには、公共交通システム側のハード・ソフト両面による利便性向上などの改善と、利用者側に対してモビリティマネージメントとして、公共交通利用の働きかけが必要と思います。
高松市の今後の動きに期待したいと思います。


スポンサーサイト

theme : 地方再生
genre : 政治・経済

tag : 公共交通 高松市 交通計画

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

地域デザイン研究会

Author:地域デザイン研究会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。